プレゼンの達人に聞いた!プレゼン資料のコツ(2/2)

3398f3d2992476c81dedce7ebc9e42e5_s

文字設定を統一する!

意外と雑に設定しまいがちですが、ここにこだわると、統一感があって見やすいスライドになります!

フォント:メイリオがオススメ!個人的にも大好きなフォントです(^-^)

左端を揃える。

細かいことですが、スライドのタイトル、メッセージ、本文の左端は、全て揃える方が美しく見れます。

またスライドの本文の開始位置も、全てのスライドを合わさえた方、美しく見えますよ。

 

資料作成のコツそれは・・・フレームワークを活用する

必要な情報の抜け落ちを防いだり、聞いている人が理解しやすいストーリー構成になります。

 

たとえば、AIDMA/AISASや、PDCAなどが有名でしょうか。

その他にも、SWOT、AIDMA/AISAS、3C、4Pなどなど多種多様なフレームワークが存在します。

 

よく知られたものはもちろん、社内・社外でよく耳にするものは積極的に使っていくと、より伝わりやすい内容構成にしていきまよう。

 

 

【ワンランク上の資料作成のコツ】

580b3720f5770b5ecb7ea999b8435be5_s

 

引き出しを多く持つ!

日頃からいろいろな資料を意識的にみておくといいでしょう。良い資料を見ることで、自然と引き出しが増え、自分自身の資料作成のスピードアップと品質アップに繋がります!

 

資料のフィードバックは現場で感じること

プレゼン中、相手が退屈そうにしていたりページを飛ばしているところは、構成がまずいとか、質問されたところが分かりにくいなど、何か問題があったかも知れません。

不慣れだと、話すだけで精一杯なものですが、余裕が出てきたら、聞き手をよく観察してみましょう!

 

相手の納得を得られる資料作り!

プレゼンの最大の目的はとにかく聞いてもらう相手に理解してもらうこと。

時間を掛け作った資料も、理解してもらえなければ意味がありません。

わかりやすい資料というものは存在します。

しっかりストーリー組みしたり、他の資料のいいところをマネて作成技術アップにしていきましょう!